灯台めぐり その1

鳥羽は、東は遠州灘、南は熊野灘に囲まれ、複雑に入り組んだリアス式海岸が美しいところです。
そのせいもあり、岬が多く、灯台がたくさんあります。

みなさんご存じの通り、当ホテルいじか荘の敷地内にも現役の灯台があります。灯台めぐりに出かける前にまずホテルいじか荘の灯台を眺めてからお出かけください。

『灯台めぐりその1』は、ぐるっと的矢湾を回りこんだ先の安乗埼(あのりさき)にある『安乗埼灯台』です。

灯台の中では全国的にも珍しい四角形が特徴です。ここは映画「喜びも悲しみも幾年月」の舞台になったことで知られています。

敷地は広々した景色と海からの心地よい風が最高です。屋根付の休憩所がありますのでそこから海を眺めているだけで心が洗われるようです。

広場の奥には灯台資料展示室があり、初代灯台のミニチュアなどが展示されています。(入場無料)

海の向こうは大王崎です。写真奥にうっすら写っているところが大王崎です。灯台は写っていませんが、あの岬の先に灯台が見えます。ということで次回の『灯台めぐりその2』は大王埼灯台へ行ってみましょう。

日付 2015年4月1日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-135-326

受付時間 7:00~22:00

ページトップに戻る