二見興玉神社の夫婦岩と蛙

三重県の観光地といえば伊勢神宮も有名ですが、二見興玉神社も年間を通して国内外からたくさんの参拝客が訪れる場所です。

*2015年11月12日まで禊(みそぎ)橋新設工事しています。

猿田彦大神縁の霊石「興玉神石(おきたましんせき)」は二見興玉神社の本殿ではなく夫婦岩から700m沖の海中にあります。そして夫婦岩は「興玉神石」を拝むための鳥居の役目を果たしています。

その夫婦岩は日の出が有名で、元旦には初日の出を拝む人でとても賑わいます。

初日の出を拝んだ後は同じ場所で初詣ができるということが人気の理由でもありそうです。

お正月は岩の間ではなく山から日が昇りますので拝む方向をご確認のうえ、拝観場所をお決めください。

二見興玉神社から話がそれますが、初日の出はホテルの展望デッキからも拝めます。ご希望の方には日の出の時刻と方角をご案内しますのでおたずねください。ご覧になったあとはレストランでご朝食となります。

ある日の日の出(いじか荘展望デッキより撮影)

初日の出に行かれた方はもちろん、ホテルで過ごされた方にもおすすめなのが二見興玉神社参道に数多くある蛙の塑像(そぞう)です。

猿田彦大神の神使は蛙とされており、神社参拝で徳があった人からこれらの蛙が奉納されたそうです。

また、無事にかえる、貸したものがかえる、お金がかえる、という意味もあるそうです。

参道にある手水舎では「水(願)授け蛙」から水を受け、水中にいる「満願蛙」に水を掛けると願いが叶うといわれています。

ご旅行から無事にかえることをお願いしてみてはいかがですか。

周辺の観光案内-伊勢・二見方面

日付 2015年11月2日

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのご予約・お問い合わせ

0120-135-326

受付時間 7:00~22:00

ページトップに戻る